My Bookshelf.



08.12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |  |  | --/--/-- --:-- |  


日記 | C(3) | T(0) | 2007/11/20 16:52 |  

Google AdSense 体験レポ

お待ちかね!・・・と言うほどでもないかもしれないけど(笑)

Google AdSense(以下アドセンス)を使って、どんな感じかレポートします。

これでも、アドセンスを利用し始めて、約3か月。
何とか、利用の仕方も大体理解し、それなりに活用しています。
中心は、このブログ。
あと補助的に、ひっそり運営中のサイトでも使ってます。

★さて、知っているかもしれないけれど、まずは「Google AdSense」とは何だろうってことを、手短に。

簡潔に述べると、アフェリエイトです。
グーグルが提供する広告を、ブログやサイトに表示させることで、グーグルから対価をもらいます。
対価が発生するのは、広告をクリックして貰った時と、たくさん表示させた時。

でもそれだけだと普通のアフェリエイトと同じ。
アドセンスがすごいのは、ブログやサイトに書かれたことに反応して、広告内容が変わること。
特定の商品の情報のみを貼るよりも、ずっと内容が豊富だし、見ている人も興味関心に近くなる。

大雑把だけど、こんなところがアドセンスの特徴。


★アドセンスが一番使いやすい!

今まで、アフェリエイトサイトを2・3利用してきているけれど、一番使いやすい!
何がいいって、一つ一つ広告を選ばなくて済むこと!

広告を選ぶのって、結構時間かかるし、アフェリエイトサイトが重いと特に。
でもこれは、アフェリエイトの形や色を選んで、出来上がったタグをテンプレートに加えるだけ。
ふと気づいたときに、チョチョッと作れるから簡単♪

★形が豊富でどこでもペタリ!

短い解説付きの広告から、キーワードのみの広告、検索サイトも利用できる広告などなど、用途や貼る場所に合わせて貼れるのはとっても便利。
色も自由に変えられるから、より自分のブログにマッチしたものにもできる♪

★肝心の収入の方は・・・?

その辺は、秘密ですvv
ドルでカウントされるので、管理画面を見るのが楽しいですよ。

初心者にも、簡単♪
ぜひぜひ試してみては?
アフェリエイト | C(3) | T(0) | 2007/09/09 17:27 |  

30周年な24時間テレビのアレコレ

今年も終わりましたね、日テレの24時間テレビ。
毎年何かと思うところがあるわけで・・・。

すっかり遅くなってしまったけれど、今年もつらつら書きます。
1年って、あっというま。
ちなみに、去年の分はこちらです。
http://wing080.blog29.fc2.com/blog-entry-54.html

今回も激辛口です。
番組見て、良い印象を持った人にはお勧めしませんが、本当はそんな人にこそ読んでほしいのが本音。

「読んでからの苦情は受け付けませんので、あしからず。」


*****


実は、私自身今年はほとんどこの番組を見てません。
実際見たのは家族がうっかりつけた、乗馬とロッククライミングと、観音の踊りと、欽ちゃん少々。
そんなわけで偉そうなことは書けないのだけど、やっぱり見たい気持ちにならないし、謙汚感さえ抱いてしまうのだから、しかたない。

今年の司会は、タッキー&翼。
まぁ、30周年にしてはちょっと地味な気もしたけれど、別段問題のなさそうなところは良し。
やっぱり徳光さんいるのには、さすがに嫌気がさすなぁ。
・・・涙コンビの柴田理恵は、消えたのかしら?
黒木瞳は、後半眠いのか、表情がなかった気がする。

マラソンランナーは、欽ちゃんだったわけで。
去年のアンガールズに比べれば、一応大御所だから、その辺は安心・・・かと思いきや。
最高齢って・・・どんだけギリギリなの、24時間テレビ。
時間内にゴールできなかったし、老人虐持とか言われてもしかたない気がする。

欽ちゃんが無事か気になって、家族が何度かこの番組をつけたのだけど・・・。
まさか、それを狙ってとかじゃないよね?
それも不思議なことに、まったく走ってる欽ちゃんが映しだされない。
気のせいかもしれないけど、何度もチャンネルをまわしてもやらなくて。
やっとまともに見たのは、ゴール1キロ前ぐらいだったし(爆)

私が見たところだけなのか、余裕で手を振る歩くようなペースの欽ちゃん。
観衆とハイタッチまで交わして・・・。
その速さで一晩走り続けるのには疑問が。

70キロコースも発表されてないし
・・・所々、車に乗ってても、おかしくないなぁ。

24時間テレビ放送前にやってた欽ちゃんの様子だって、まったく健康そうじゃなくて。
どうしてそう、根本が危険そうな人を選ぶかな?
健康的に難しい人が無利をすることで、「挑戦」っていうのは間違ってる。
それで感動したって言ってられるのは、本質を理解してないからなんだろうと思う。

ま、この本質云々のことは、この番組の大半を占めているのだけど。
乗馬にしろロッククライミングにしろ、観音にしろ・・・どれも何かおかしい。

父親に自立した自分を見せたいと、乗馬をしていたけれど、もっと他に見せるべき姿っていうものがあるはず。
落馬して馬に蹴られたら、どうするつもりだったんだ・・・とか。
観音の踊りは本当に本当に素晴らしかったというのに、聴覚に障害があることをアピールしすぎて、感動が同情方向に。
素晴らしいことに対して、素直に感動させてほしい・・・とか。

そして、障害関連と同時に、病気の子供に関することもやけに多かった気がする。
「子供」に「病気」って、お涙ちょうだいもここまで来るのかと、脱力。
もっと目をいろいろな方向に向けた方がいいんじゃないかとさえ思ってしまう。
それこそ、日本は医療水準が高いけれど、同じ病気でも満足のいく医療が受けられなくて亡くなってしまう人だって、世界にはいるのだから。
冷静に考えたら、まだマシな方だというのに。

結局、30周年でも番組に変化はなく・・・。
それで感動したという人も、多いわけで。

いろいろな感じ方があることは認めるし、そうあるべきだとは思うけれど。
もう少し、賢くならなくちゃだめじゃない?
「頭が良い」という意味ではなくて、もっと確かなことを見極められるように。

「あ~、欽ちゃんすごい!感動したー!」
なんて言っているようじゃまだまだ。

その後ろには、もっともっと大切なことがあると思う。
その他 | C(0) | T(0) | 2007/08/27 18:37 |  


  TOP  Next















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。